予防接種について

予防接種は、細菌やウイルスなどの病原体からつくったワクチンを接種することによって特定の病気になりにくくし、また、たとえその病気になったとしても、軽く済むようにします。ワクチンは、感染症の原因となる各種の細菌やウイルスの病原性を弱めたり、無毒化したりしてつくられます。これを注入することによって、体内に抗体をつくらせ、接種以後、当該感染症にかかりにくくし、また重症化を防ぎます。当院では、インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンなど、各種予防接種を行っています。

※小児の予防接種はこちら

インフルエンザワクチン

インフルエンザは、インフルエンザウイルスへの感染による疾患であり、発症すると38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、寒気などの全身症状が現れます。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳などの症状も見られます。高齢者や基礎疾患のある方は、肺炎などを併発し、命に関わることもあります。

インフルエンザを予防するには、流行前のワクチン接種が効果的です。このワクチンは接種してから効果が出るまでに約2週間かかり、その効果は約5か月間持続します。日本では、インフルエンザが例年12月~翌3月頃に流行するので、12月上旬までにはワクチンを接種するようにしましょう。なお、インフルエンザウイルスは毎年少しずつ性質を変え、異なるタイプが流行するので、それに対応するために、予防接種も毎年行う必要があります。

肺炎球菌ワクチン

肺炎は、主に細菌やウイルスなどの病原微生物が肺に感染して炎症を起こす病気です。とくに高齢者や免疫力の低下している方は重症化しやすいと言われています。肺炎を予防するためにできることの一つに、肺炎球菌ワクチンの接種があります。肺炎の原因菌で最も多いと言われている肺炎球菌による感染症を予防します。なお、接種は、1年を通していつでも可能です。ただし、5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みが強く出るケースがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔を空けてください。

副反応について

ワクチンの接種により、副反応が出ることがあります。具体的には、注射部位が赤く腫れたり、硬くなったり、痛みを伴ったりすることがあります。このほか、発熱や頭痛などがみられることもあります。通常は2~3日で治まりますが、体調の変調が続いているときは当院までご相談ください。なお、ごくまれにアナフィラキシーショックなどが起こることがあります。この場合は、すぐにご相談ください。